一定期間更新がないため広告を表示しています

JUGEMテーマ:学び

 

 

 

受験や採用の時期で「面接」のシーズンである。

 

普段は面接をする側が多いのだが、

とある面接を「受ける側」になって考えたこと。

 

面接対策が世の中に充実していて

面接者も試験官も面接慣れしていまっているために

本当に面接で知りたいことが分かりにくくなっている

のではないだろうか?との疑問が最初に思いついた。

 

そんな自分もとある面接のために

面接対策や想定問答を準備したうえで臨み、

まずまず合格点での面接だったのではないかと

思いながら、面接会場をあとにした。

 

しかし、しばらくして振り返ると、

面接官はきれいな「そつない受け答え」を

求めていたのかのだろうかと気付いた。

自分が面接官の時にはいかに表面上の受け答えや

準備した想定質問との差異や本当にそのように考え

行動できる人物かを見ようとしている。

 

自分を面接官の立場として振り返ると

「面接対策はしているがそつなくこなすことに

 重きをおき、本質的な解決や議論に注力するよりも

 それなりに形としてはうまくやりそう」

と判断しそうだ。

 

普段の仕事でも

「生産性を高めぱぱっと終わらせる」

「そつなくこなす」
 ことはいいことだと思っている。

 

ただ、それが本質的な意味や目的を考えずに

本当には大事ではないことを”スマート風に”

仕事していることにつながっていないだろうかと

振り返ることができた。

 

時には違うの立場に身をおいてみる効用かもしれない。

 

関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL